—空に触れる—

ふと見上げた空が、こんなにも果てしなく遠かったのかと心を奪われる

 

しばらくぼーっとしてから無限に広がる空の、その奥を覗いてみる

 

大切なのは心の中に得ることであり、身に着けるのではなくより自然と一体になることではないかと ゆっくり、風に吹かれながら感じた

 

 

もうすぐアルメニアとロシアへ旅立ちます

 

感謝を込めて